ある言葉

こんにちはオフィス部の山崎です。今日はある言葉についてお話します。
「赤恥」「赤の他人」「真っ赤な嘘」これらに使われている「赤」という字は諸説ありますが、語源は「明」という字だそうです。「(人前で)明らかになった恥」「明らかな他人」「明らかな嘘」といった感じです。名詞の前に「赤」が付くことで「明らか」「全く」「すっかり」という意味が加わるので「赤心」という言葉も「全くそのままの心」と言った意味合いで、心の前に赤という字が付いているのだと思います。

コメントを残す