写真を読むということ

写真には情報がたくさん詰まっています。
主体にパッと目がいきますが、すみずみまで見てください。
見る人それぞれの感受性で写真を読みましょう。
そこには驚くべき事実が隠されているかもしれません。
撮る側が伝えたいこと、感動したこと、考えて撮っている事を読み取って写真を楽しみましょう。
以上、デザイン部のサカモトでした。

コメントを残す