会社が宴会を開く意図

年の瀬の今日この頃、当ブログ愛読者の皆様はとてもお忙しい事と存じます。今回は12月のテーマ「忘年会新年会」についてお話させていただきます。そもそも忘年会、新年会などの「宴会」を開くのはなぜでしょうか。私は宴会を通じて「社員同士が親睦を深めることが会社の業務の一部」であるからと考えます。  会社では組織の管理運営、他社との取引といった社員ではない人や物に従事しており社員自体に目を向ける事を怠ってしまいがちです。宴会ではそんな社員に目を向け接することで社員の人柄や、ジェネレーションギャップといった会話における障害を浮き彫りにし、社員同士の日常での会話が円滑に行えるようにする狙いがあります。私が某回転すし店に行った際、板長さんと若い板前さんがネタを使う順について「右が横綱、左が十両だから左側から使いなさい。」と話していて、また別の先輩板前さんが笑いながら「その例えじゃ伝わらんだろ」と言う会話を耳[続きを読む]

> 続きを読む


今年も残すところ…

こんにちは。今日のブログ担当のS.Fです。 もうすぐ今年も残すところあと数日となりました。 会社の忘年会は先日終わりました。 職員のTさんが、「自分は前の会社では 幹事を務めることが多く、仕切る役ではなくて今回は仕切られる側だったが、 とても楽しめてよい忘年会だった。」といっており、 自分自身(S.F)もいろいろ、普段あまり会話を交わさなかった相手とも話せたり、 他の人と話すことによって良い刺激をもらい、有意義な時間を過ごせたと思っています。 さて、話が変わり、自分の住んでいる町内ではいつもこの時期になると、 年末特別警戒ということで、自分のはいっている自警隊で夜、集まって見回りを 行います。これが終わると年を越すじきになったなぁ、と、いう実感が湧いてきます。 では、最後までお読み頂いてありがとうございました! 少し早いですが、皆さんにとって来年も良い年になりますように。 以上オフィス部 [続きを読む]

> 続きを読む


飲酒運転だめ絶対!!

こんにちは~ デザイン部のあきどすえ~! ・・・はい。 年末が近づいてきて、わかりやすく浮き足立っているあきでございます(笑) さて、読者の方々はもう忘年会を行いましたか? 前進主義の忘年会はもう終わってしまったのですが、忘年会といえばお酒がつきものですよね? 私も成人したての頃に地元の友達と居酒屋で忘年会をしたのですが…。 中学の同級生の集まりだったのですが、そこには当時からあまり仲良くはない(悪くもない)Aちゃんもきていました。 Aちゃんは車で来ていたにも関わらず、お酒を飲みだし、私たちは止めましたが本人は大丈夫大丈夫!と言って結局飲酒運転をして帰ってしまったという思い出があります。 飲酒運転はしないことも大事ですが、させないことも大事です!!! 飲酒運転だめ絶対!! それではまた。

> 続きを読む


前進主義ふくいとの忘年会

今週の水曜日13日に前進主義福井と忘年会をしました。 座席はくじ引きで決められた場所に座るということで、7~8人ずつ分かれて座る形式で、私のテーブルは福井の人が3人いました。で、最終的に自分からは話しかけたいなと思っていたのですが緊張してなにも話せず終わってしまい残念でした。 福井の方の人と仲良くしたいのですが、なかなか一言話しかけるのに勇気がいるんですよね。 相手から話しかけてもらえれば一番いいのにな。 ご飯を食べて、中締めが終わり2時間ほど時間が空きました。そのあとカラオケする人やお風呂入る人もいたのですが、私はやりたい事がなかったので自由時間の使い方とか何するか、考えといたほうがいいなと思いました。あと私は、一人で行動することが不安で苦手なのですが、一人でどこでも行ける行動力があるといいのになと思いました。

> 続きを読む


以前の職場の忘・新年会

以前の職場の忘新年会について話をしたいと思います。 私は、以前、バス会社でバスの運転手をしており、公共性の高い路線及び貸切バス事業では、会社全体での忘新年会は開けず、個別のグループで企画し、それぞれ分けて日にちを申告して居酒屋などで忘新年会をしました。  私の入社した頃は、まだ今ほど交通規制が厳しくなかったのか、お酒を浴びるほど呑んで、さすがに車に乗って帰ることはありませんが、次の日二日酔いで出勤したことが何度かありました。  さすがに今日交通規制が厳しく、出勤時のアルコール検査などあり旅館で一泊しての忘新年会が今は多くなり、日程の都合のつかない時、つかなかったグループは、取りやめることもありました。  この時期、忘新年会、クリスマス会など、お酒を呑む機会が多いですが、呑んだあとは、決して車の運転だけはしない様にお願いします。

> 続きを読む


乾杯の挨拶

こんにちは!Daikiです。お久しぶりです 今週の13日に会社の忘年会という事で!!僕は乾杯の挨拶を立候補していまして、緊張で意識吹っ飛びそうになったのですが、、何とか乗り切って思い切って、演出できたので安心しています。 皆さんに笑っていただけてホントに嬉しかったですし、今回人生初の忘年会という事で、とても楽しかったです。 会場の大浴場が(笑)物凄く湯気で視界が遮られて、木下さんと幾久の利用者の方の声が聞こえて声のするほうへゆっくり行って目を細めて見たら木下さんと利用者の方が 一緒に湯船に浸かって話をしていたので自分も一緒に話をしました。露天風呂に出てみたんですけども寒くて我慢できず…サウナで五分汗流して風呂から上がりました 最近ストレスが溜まる事が多くなって来ましたので…発散できたのでよかったです。 以上長くなりましたがありがとうございます。

> 続きを読む


忘年会の楽しさについて

忘年会の楽しさについて 今まで経験した忘年会はそれほど楽しかった思い出もありませんでした。 そこで「楽しい思い出というのは最後の瞬間で決まる」ということを思い出し、忘年会のさなかは楽しくてもそうでなくても最後の瞬間だけ楽しくすることが必要だと考えました。 まあ結局終わってみれば、自分で何かすることもなくムードメーカー任せだったのですが、最後の記念撮影でやっぱり盛り上げてくれる人がいたおかげで良い雰囲気で終わることも出来たと思います。 やっぱり何事にも「締め」が大事ですね。 仕事納めもキッチリ締めくくれるよう、頑張りたいと思います。

> 続きを読む


プチ忘年会

こんにちは、デザイン部のHです。 忘年会と言う事で、昨日父と2人で忘年会と言う名の焼肉を食べに行きました。 父は勿論飲むので私が運転で行ったんですが、行きは雨だったので普通に行けたんですが、帰り雪が少し積もってて運転怖かったです。 因みに母と兄は海外旅行で羨ましいなあ…と言う感じでした。

> 続きを読む


無礼講とは

こんにちは、オフィス部の宇野です。12月といえば忘年会のシーズンですね。会社の忘年会では決まり文句のように上司が「無礼講」という言葉を口にします。そもそも「無礼講」とは何なのか、皆さん知っていますか?   無礼講の語源は神事に由来します。神様を祀る神事において、神様に1度捧げたお酒を、参加した人たちもお相伴(おしょうばん)にあずかるのが通例です。その際上位の者から順番に、決められた儀式通りにお神酒をいただくのが「礼講」。礼を重んじるからこう呼ばれます。その後の人間だけによるくだけた宴席を「無礼講」と言い、礼講の後の、礼講では無い和やかな宴のことを指します。 現在では多くの人が「無礼な講(集まり)、無礼が許される宴席」という意味だと解釈してしまい、「上下関係を忘れて」といった語解をしたために、上司に無礼なふるまいをして大失敗というケースも少なくはないでしょう。忘年会の冒頭の挨拶で社長や上司の[続きを読む]

> 続きを読む


忘年会の起源

こんにちは。デザイン部のA.Dです。 外は段々と寒くなってきて、気がつけばもう12月・年末です。 年末と言えば忘年会ですね!なので今日は忘年会の起源について調べてみました。 忘年会の始まりは室町時代にまでさかのぼります。結構昔からあるんですね〜。 当時の忘年会(のようなもの)は上流階級の貴族の方々が年越しの際に和歌や俳句を詠んだりして優雅に過ごした事から始まったそうです。 それが近代に近づくにつれ広く一般に広まり、年末にお酒や料理を楽しんだりする宴会にと変わったようです。 忘年会にかくし芸やカラオケなどが取り入れられることが多いのは、遥か昔に和歌や俳句を詠んだ名残なのかもしれませんね。 文章A.D イラストHIRO

> 続きを読む


古い記事