眠る前にひらめいて

こんにちは!
デザイン部のあきです。
本日は、眠れない夜の対処法についてお話したいと思います。

まず一つ目は、眠る一時間前ほどに、38℃~40℃の熱すぎない温度のお湯で20分ほど半身浴をすること。
人は体温が低下するときに眠気を感じやすく、体温の低下の幅が大きいほど、うまく眠ることができるのだそう。
だから、半身浴をして体温を上げてから布団に入ると良いわけです。
厳密には、寝る一時間前にお風呂からあがるのが理想だそうです。

次に脳波をα波に導く音楽を聴くことです。
α波に導く音楽の条件は、
①一定のゆったりしたテンポであること。
②歌詞や刺激的な音が入っていないこと。
③40デシベルほどの図書館のような静けさの音量で。
就寝前に30分から一時間聴くと良いそうですよ。

そして、目を瞑ってももやもや考え事をしてしまう時に、フィボナッチ数列を数えると良いそうです。
フィボナッチ数列とは、1,1,2,3,5,8,13,21…
というような数字の並びです。
この数列に、どのような規則性があるかわかりますか?
これは、1+1=2,1+2=3,2+3=5,3+5=8,5+8=13,8+13=21…
というような規則性があるんです。
一見難しそうですが、羊を数えるより効果があるそうですよ。
なんでも日本人に羊は馴染み深くないから、想像するのが難しいんだそうです。
あと、他には自分の呼吸を数えると良いそうですよ♪

最近寒いのでお風呂に浸かってじっくり温まる時間が毎日の幸せです(*^ω^*)
ではまたお会いしましょう。
あでゅ~