最近ハマっていること・・・

私はここ10年ほど、ボードゲームにハマっています。
木製のものなどは部屋のインテリアになるようなデザインが良いものもあり、コレクションの数は数えきれないほどになってきています。
そんな中、「最も好きな作品」に関して聞かれることが多いですが、1番を決めることは非常に難しく、
「デザイナーの願いを感じることができる作品」と広く答えています。
「ドイツボードゲーム」と呼ばれる作品群の中では、血が流れたるような
戦争をしたりするものは少ないです(ウォーゲームが禁止されていた、という歴史も背景にあるらしい)。
そこには、戦争の悲惨さを安易に想起させないように、という平和に対する「願い」が込められているように感じます。
また、ゲームの途中で脱落者を生む、というデザインのものも少ないです。
そこには、家族での団欒の中、その輪から抜ける人が1人でもいてほしくない、
笑顔が溢れる家庭であってほしい、という「願い」が込められているように感じます。
楽しいボードゲームの中には、みんなを笑顔にさせたり、時間を忘れさせたり、
周りが見えなくなるほど深く思考させられたり、時には人と人との距離を大きく縮めたりする「魔法」があります。
そして、それは多くの場合、デザイナーの「願い」によるものなのだ、ということに気づかされると、
「ああ、これは芸術でもあるんだな」ということを実感させられます。私はその瞬間が最高に好きです。
あなたも体験してみませんか。