身軽指数

こんにちは。
今日のブログ担当は、Office部のS.Fです。

 

突然ですが、ちょっと理屈っぽい話です。

 

人が感じる”身軽さ”は数字で表すことが出来るのでしょうか。
これは、自分の昔からのはっきりさせたいことの1つでした。

 

僕は可能だと思っています。
「教養としてのスポーツ・身体運動」という本の中にある内容(計算方法)と重複してしまうのですが、地面反力をはかる『フォースプレート』という機材を使えば、簡単にできると思っています。
この板の上で垂直跳びを何回か行って平均を出す。
具体的な計算式を書くと

  • Fはフォースプレートにかかった力
  • Wは身体重量m x g(これは、体重計で量れますよね)

F − W = m x a

となり、このm x aをW(m x g)で割ると出る比率(これを身軽係数と呼んでいます)つまり、ジャンプして引き算して割り算する、これだけです。
”単位身長重量あたりの跳躍に貢献した力”が求められる、ということになります。

 

この単純な計算ですが、これにより、パフォーマンスを高めようと筋トレを頑張ったら、体重が増えて身軽さが低下した、この様なことを防げるのではないかと思っています。

この計算方法が学校やスポーツに関わる場所のいたるところに広まれば、スポーツの自然科学的本質の理解が広がるのではないかと思います。

 

理屈を述べたので、難しく感じた人はごめんなさい。

では以上、S.Fの理屈っぽい主張でした。