敦賀の気比祭り

今日のブログを担当することになりました、Yです。

先日、敦賀の気比祭りに行ってきました。

 

北陸随一のイベント『敦賀まつり』。
市民総参加のもと、みこしや勇壮な6基の山車が市内を練り歩きます。
趣向を凝らしたおまつり広場やカーニバル大行進、民謡踊りの夕べも見もの。街はまさに祭り一色に染まります。

「氣比神宮例大祭」は9月2日宵宮祭、3日神幸祭、4日例大祭、5日より10日迄後祭、15日の月次祭を以って終わるので氣比の長祭として有名です。

境内外には露天興業が軒を列ね、練山引山が出され、期間中は市内各種団体の神賑奉納行事があり北陸一帯はもとより、京都、大阪、滋賀、愛知等、各府県からの参拝者頗る多く、北陸の歴史的年中行事として著名です。

3日の神幸祭には御鳳輦をはじめ氏子各町の神輿が市中を巡幸渡御になり市内一円は各種行事で賑わい例祭気分が味わえます。
(引用:http://www.turuga.org/places/tsurugamatsuri/tsurugamatsuri.html)

 

私は毎年ういろうを買いに行きます。

ういろうは、典型的には米粉などの穀粉に砂糖と湯水を練り合わせ、型に注いで蒸籠で蒸して作られます。
穀粉には米粉(うるち米、もち米)、小麦粉、ワラビ粉などが用いられ、砂糖には白砂糖、黒砂糖などが用いられます。
気比祭りでは毎年同じところで売られています。みなさんも機会があったら行ってみたらいかがですか。

賽銭よこしなさい