こんにちは、オフィス部のS.Fです。
今日は、「波」についてお話したいと思います。
波に乗る、この人とは波長が合うなど、日常会話での比喩表現として使われることの多い言葉ですが、実は、比喩ではなく、きちんと波長を数字で求めることが出来るという話です。これは、机、イス、車、人間 これら波とは関係なさそうな物体、この世にあるもの全てが波長、つまり波の性質を持っています。「物質波」と呼ばれています。具体的には以下の
計算式で求められます。
<波長>=プランク定数/<運動量>    運動量=質量×物体の速度  
速度が大きくなれば<波長>は短くなり、速度が小さくなれば波長は長くなる
つまり反比例の関係です。この関係式の不思議なところは、「波」と「物質(粒子)」の全くかけ離れているような概念が両方含まれているということです。神秘的ともいえます。
言い換えればこの世界は、波で成り立っている、ともいえるのです!
皆さんも試しに自分自身の波長を計算してみてはいかがでしょうか?

以上S.Fでした。
最後まで読んでくれてありがとうございました。
%e6%b3%a2%e4%b9%97%e3%82%8a