階段のカバー

どうも、ホソカワです。
今日は前進主義に凝らされた工夫について書こうと思います。
前進主義は1階がオフィス部で2階がデザイン部となっております。
そのため僕は毎回階段を上るわけなんですが、いつも階段の中段あたりにある天井に頭をぶつけそうになります。
頭をぶつけるという行為はそれは痛いものです。好き好んでぶつけるという人はいないんじゃないでしょうか。
そんな訳で、ものづくり部のMさんが一つ工夫してくれました。

頭をまもるカバー

はい、カバーをかけてくれたのです。これで頭の危機は守られることになりました。
流石ものづくり部!こういうのはちょちょいのちょいと言ったところでしょうか。
まあとにかくありがたいです!
拝みましょう!
南無南無!
それでは!