滑舌について

こんにちは。山内です。毎朝朝礼の最後に持ち回りのスピーチタイムがあるのですが、今日は私の番で、「滑舌(かつぜつ)」についてお話させて戴きました。

 

冒頭でいきなり「滑舌を知っている方(挙手)」と振りましたら、なんとほぼ全員の方が「知っている」とこたえてくれました。

 

もともと放送業界の用語なのですが、「あなたは滑舌が悪いですね」などと使います。
広辞苑には「はっきり発音するための舌や口の滑らかな動き」と書いてあります。

実際「滑舌が悪い」と思われている方はかなり多いようでした。

 

ネットで滑舌を治す方法を調べましたところ、大きく2つの対処法があるようです。

 

1つ目は大き目の声で歌を歌うこと(ドリカムの未来予想図IIが良いようです)、2つ目は「あ・え・い・お・う」と発声練習をすることだそうです。

いずれも舌と唇の筋肉を鍛えるのです。

 

滑舌が気になる方、早速クルマの中で母音を意識して大きな声で歌ってみませんか?