病院と音楽

こんにちは。香之助です。
 

もう7年半前の話ですが、大怪我をして、しばらくICUに入っていました。
身動きもとれず、氷のみ口にすることができました。
 

意識がはっきりしてきた日、ある看護師さんが話しかけて下さって、
そこで少し何気なく話しているうちに、生きている実感がして、自然と涙が流れました。
それを見たその看護師さんが、何か音楽でも聴きますか?と、駐車場(ロッカー?)までご自分のCDを取りに行ってくれました。
もうお名前も覚えていないのですが、入院生活での忘れられない看護師さんの一人です。
 

ちなみに、約10回程手術を受けましたが、自分が入院した病院では、手術中も音楽を持参でき、
手術室はリラックスした雰囲気だなと感じました。

安らぎの世界へ