つらつら独白

夏の朝の静謐さ。
夏の昼にはせみが鳴く。
夏の夜には一涼み。
夏の宵には五寸釘。

お久しぶりの方はお久しぶりです。
そうでない方は初めまして。
ホソカワです。
 

このブログを書いている現在の時刻は7月27日の10時。
暑いです。
だけど、これはまだマシで、一番牙をむいてくるのは、会社から帰る時の車の中です。
例えるならば灼熱の地獄。
扉を開けた瞬間の、あの全身を包み込む熱気は、ものすごいと思います。
閻魔大王様もびっくりです。
 

ですが今の時代、文明機器ってのは発達していますからね。
特にエアコン。これさえあれば、なんとか過ごすことができます。

なので仕事中は、結構快適に過ごせています。
エアコンを発明した人は偉い。
お礼にパイン飴をあげましょう。
いや、送らせてください。
 

夏といえば、やはり暑さって答える人が多いのかな。
でも、自分にとっての夏とは、思い出の季節かなーと思ったりします。

そう、あれは高校生の夏だった・・・

 

・・・

 

あっ、ここで回想を垂れ流すってわけではないです。
ただ、自分の中で思い出にひたろうしただけです。
申し訳ないです。

あっ、ついでに気付きました。
僕の高校生の夏、特に思い出はなかったということを。
さっきは自分に思い出があるような文章を書いてしまいました。
すみません。
(こんな悲しいことを書いていますが、小、中学生のころはちょいちょいありました。よかったあ、あって)
 

いつもブログを見ていただきありがとうございます。
自分の書く文章はこんなですが、他の方が書く文章は滋養に富んでいてとてもすばらしいので、是非読んでみてください。
僕のは特に読まなくてもいいですよ。
あっ、でもでも、これを読んでいるということは、僕の文章を読んでしまっていることですね。
 

皆さんは不幸者ですね。
けれど、僕は幸せ者です。(文章を読んでもらえたから)

うふふ(はあと)
 

それでは皆さん、よい夏をお過ごしくださいませ。

さいなら。

ネタつめこみすぎ