野菜の育ち方の見分け方

こんにちは、オフィス部の宇野です。今日は野菜の話をしようと思います。
野菜の育ち方は大きく分けて2種類あります。地上で育つ野菜と地中で育つ野菜です。実は、地上で育った野菜か地中で育った野菜かを簡単に見分ける方法があります。それは野菜を水に入れるだけです。水に浮く野菜は地上で育ったもの、逆に沈む野菜は地中で育ったものです。地上で育つ野菜は常に風に当り、内部には空気を多く含んでいます。そのため、浮力が強くなり水に浮くわけです。逆に地中で育つ野菜は風に当たらず、内部にもあまり空気を含んでいません。
ちなみに地上で育つものとしては、キャベツ、キュウリ、カボチャ、ナスなど、地中で育つものとしては、ニンジン、ゴボウ、ジャガイモなどです。中には例外として地中で育ったのに浮く野菜もあったりしますが、一般的に水に入れれば野菜がどう育ってきたかが見分けれます。ちょっとしたうんちくでしたが、ためになりましたか?
%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%a2%e3%80%81%e4%ba%ba%e5%8f%82%e3%80%81%e3%81%94%e3%81%bc%e3%81%86