歯医者さんの歯磨き

デザイン部のタカシマです。
今日は、歯医者さんがやっている歯のケアについて書きたいと思います。

 

歯医者さんがやっている歯磨き法というのは、スクラビング法といいまして、歯ブラシを歯に直角に当てて磨くやり方です。
これが一番歯垢が効果的に落ちる方法らしいです。
虫歯の90%は、歯と歯の間からできているので、デンタルフロスを使っているらしいです。
(歯と歯の間は歯ブラシでは磨けないのです。)
歯医者さんがやっている歯磨きの平均時間は15分らしいです。
歯垢はベトベトとはりついているので10回ほど磨かないと落ちないらしいです。
歯医者さんがやっている歯磨きの1日の回数は2、3回らしいです。
虫歯の多くは唾液が減る寝ている時に作られるため、寝る前には特にしっかり磨くといいそうです。
歯磨きのタイミングは食後、洗面台に向かって磨いている人が多いと思いますが、テレビを見ながら、お風呂に入りながら磨いているそうです。

以上のことを頭に入れながら歯のケアをしていきたいですね。

 

歯磨きパンダ