大人になると出来ること

私が大人になったなと思ったことは、NHK総合をよく観るようになったことと、選挙に行けるようになったことです。 お酒も飲めるようになったことも大人になったなと思いました。でも私は美味しいと思わないので呑んでません・・・。

> 続きを読む


私の「大人になったと思うこと、成長したと思うこと」

こんにちは! デザ部のあきです。 今日は私の「大人になったと思うこと、成長したと思うこと」についてお話ししたいと思います! 最近身についたことなんですが、「計画を行なってから実行に移す」ようになり、自分でも成長したな〜と感じます笑 以前までは行き当たりばったりでやった方が楽しいしイレギュラーに対応する経験にもなっていいじゃん?と思っていたのですが… それでは周りに迷惑がかかると仕事を始めてから実感しまして笑 それに、計画を立てておいた方がイレギュラーにも柔軟に対応できるとわかりました。 なので、仕事の日やプライベートなどでもなにかイベントごとがある日は朝や全日の夜などに計画を立て、その日の終わりに計画通りに行えたかを確認しています。 計画通りでなくても良いのですが、計画通りではなかった理由なども突き詰めておくとのちに役立つ情報になるので軽く確認を行なっています。 オススメのやり方なのでこの[続きを読む]

> 続きを読む


「諦める」の本意

皆様こんにちは。今回のテーマは「成長あるいは大人になった実感」でありますが、私はとても頭を悩ませてしまいました。大人という概念には定義がありません。 よくわからない物をよくわからないまま話したところで話が滑るだけです。また成長を認めるのは他者であり、他者の証言もなく成長を自称するのは 少なくとも私は抵抗がありました。大人という言葉を調べてみても「法律の定める年齢」だとか「人生経験の差」、「建前と本音を分ける事」、「責任をもつ事」 などと、いまいち実体をとらえることができませんでした。しかしそんな中で一つだけ私の目から鱗が落ちる「諦めるの本来の意味」を知ったので 今回はその話をさせていただきます。 皆様は「人間諦めが肝心」だとか「物事を諦められたら大人」とかいう物言いを聞いたことがあるでしょうか?私はこの物言いを初めて耳にしたときから 「本気で言っているのか?」と疑念を抱いていました。何でも[続きを読む]

> 続きを読む


大人になったと思ったこと

10代20代の頃は、車の運転も結構いい加減で何回か救急車で運ばれたこともあるんですが、あまり懲りもせずに過ごしていました。 でも30代になった頃に夜勤の医療事務をしていた時、ある日若い男性が事故で意識不明で運ばれて来て、その後に母親が慌てた感じで不安そうに受付に来ました。 その母親の姿と自分の母親が重なって見えて、それ以降は車の運転も丁寧になるようになりました。

> 続きを読む


大人になったと思うこと 相手の立場になって考える

成人してもう数十年経った自分としては今更思うことがないので、成人した頃どういう人になろうか思ったことを述べたいと思います。 末っ子で甘やかされて育ったせいか、高校生まではとにかく自分で言うのも何ですがとてもワガママな自己中な考えをすることもでした。自分の欲しい物は何が何でも手に入れたい、相手のことを考えず勝手に物事を決めてしまうそんな自分だけ良ければいいみたいな、今思うと本当に恥ずかしい本当に幼稚な考えしかなかったです。 高校を卒業して県外に就職し、まだ余りその地に友人もいなかった頃、友人を作る意味で、ある地方雑誌に掲載されていた、某サークルの集まりに参加しました。その中で知り合った友人にボランティア活動をする方がおり、その友人と共にしばらくボランティア活動したことをきっかけに自分が人に何ができるだろうか、何をしたらその人が喜んでくれるだろうか、常に相手の立場になって考えるようになりました[続きを読む]

> 続きを読む


挨拶

こんにちは、デザイン部のHです。 私が大人になった、成長したなあと思う事は、初歩的ではありますが挨拶をきちんとするようになった事です。 昔は恥ずかしさ半分、面倒臭さ半分で「うん」だの「あー」だの適当に答えてましたが、社会人になってから好印象でいる為にも挨拶から見直しました。 最初はそう簡単にいく訳でもなく、やっぱり恥ずかしさで「~~です…。」や「~~ます…。」等、聞き取れない程小声だったりしました。 ですが、段々と声も出せるようになり成長したなあと感じました。

> 続きを読む


記録

おはようございます。オフィス部のIです。 お久しぶりでございます。 今回のテーマは「自分も大人になったなー。成長したなーと思うコト」です。 私が大人になったなーと感じたのは、1度失敗したことや注意を受けたことは次に同じことをしないように対策することです。そこで私が用いたものは記録です。 失敗したり、注意を受けた時の夜、覚えている間に、失敗したことや注意を受けた時の状態をノートに、人物や物の配置を図にして、その時に互いの会話を記入して分析を行い、分からない時は人に聞きながら、原因と今後の対策を考えて、もう同じ状況にならないように事前に避けたり、また同じ状況に陥りそうな状態に気づいたら、前とは同じにはならないように対処できるようにノートに記入しています。 昔は結構、行き当たりばったりが多かったけど、今は少しでも、そもそもの原因を避けることができたり、同じような状況になるのを避けることができるよ[続きを読む]

> 続きを読む


新しい記事